忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/12 07:58 】 |
へびとカエルの出来事
 夏の炎天下 我が家のビオトープでトノサマガエルの寂しそうな鳴き声がしていたから、あっヘビに食べられている と今までの経験ですぐにわかり行ってみました。やっぱり。可哀相だけどこれはヘビの食事。
 何度も涙顔で「助けて」と泣きます。 その度にヘビのアゴが広がりトノサマカエルが中に入っていきます。20分(?)ぐらいで飲み込んでしまい満足そうなヘビの顔に自然の厳しさを一人感じました。
 前回のモリアオガエルが孵化して草から水中に落ちる所にイモリが待っている姿と同じですね。この自然の厳しさを体験に来てくれた親子に見て欲しいと思いました。
PR
【2012/03/19 22:39 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<哀しい報告 | ホーム | カエルの産卵>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>